海軍の歴史ある東舞鶴市街地に位置する「ホテル アマービレ舞鶴」

 このたびホテル アマービレ舞鶴はリニューアルを行い、客室を増室いたしました。

当ホテルが立地する舞鶴は旧軍港四市で、日本の中で唯一、軍港、鎮守府が置かれた歴史、日本近代化の躍動を体感できるという共通のストーリーを日本遺産に認定申請し、平成28年4月に、四市のストーリー「鎮守府 横須賀・呉・佐世保・舞鶴 ~日本近代化の躍動を体感できるまち~」が、日本遺産に認定されました市です。

 別館には旧松榮館なる名称の歴史ある建造物もあります。


新着情報



リラックスできる客室

ゆったりとした客室にて、お客様をお迎えいたします。

ゆとりあるスペースでいただける朝食

ホテルアマービレ舞鶴の朝食バイキング

 1Fロビーには朝食会場

「レストラン椿(TSUBAKI)」がございます。

仕事・旅の疲れを癒す大浴場(光明石温泉)

ホテルアマービレ舞鶴の大浴場

湯ざわりが柔らかく、鉱石から出る赤外線によって体の芯から温まります。


Facebookにて新着情報を告知しております


ホテルアマービレ舞鶴の1Fロビー

スタッフが全力でお客様のお手伝いをいたします。 

当ホテルではスタッフは「明るく楽しい接客」をモットーに丁寧に接しております。高級なホテルとは少し雰囲気が異なるかもしれませんが、全力で接客することはどのホテルにも負けません!また地元に住んでいるスタッフの近隣の地理には自信があります。美味しい食事の店や、お土産などでお困りの際は、お気軽にお声がけください。


ホテルアマービレ舞鶴の無料Wi-Fi

 全館無料の24時間wi-fi設備でビジネスにも、旅行にも便利な通信環境が整っております。宿泊のお部屋に関係なく、初期設定のみで宿泊者の方はご使用できるのが当ホテルの強みです。

舞鶴引揚記念館

【舞鶴引揚記念館】ユネスコ世界記憶遺産に登録

館に収蔵するシベリア抑留と引き揚げ関係資料が登録されました。当ホテルから車で約10分程度で行けます。web https://m-hikiage-museum.jp/


ホテルアマービレ舞鶴 別館「聚幸菴(じゅこうあん)」

◆聚幸菴(じゅこうあん)とは

舞鶴鎮守府初代長官の東郷平八郎が宴会や宿泊をされたと言われております旧館でございます。三國連太郎や高倉健も出演した映画『飢餓海峡』の撮影にも使われ築は100年以上と言われております。

現在は宿泊施設としてはご利用できませんが、ご見学を、というご依頼の場合はお気軽にお問い合わせください。

聚幸菴(じゅこうあん)の映画撮影風景

映画『海賊とよばれた男』祝言をあげる旅館として撮影されました。

©2016「海賊とよばれた男」製作委員会 ©百田尚樹/講談社


★スタッフおすすめのお役立ちリンク



JR東舞鶴駅よりホテルまで車で5分、徒歩で12分


ホテル周辺拡大図

■お車をご利用の場合

・京都から京都縦貫自動車道綾部JCT→舞鶴若狭自動車道→舞鶴東IC→国道27号線経由で約10分

・大阪から中国道吉川JCT→(約1.5h)→舞鶴道舞鶴東ICで約130km→国道27号戦経由で約10分

・敦賀から舞鶴若狭自動車道で約1時間(75.9km)

 

■電車をご利用の場合

・JR京都駅から特急をご利用で約1時間40分

・JR大阪駅から特急をご利用で約2時間

・JR敦賀駅から約2時間 東舞鶴駅下車 タクシーで約5分、徒歩約12分

 

■バスをご利用の場合

・京都(烏丸口)バス停から直通で約2時間

・大阪(梅田)バス停から直通で約2時間

・東京(品川)バス停から直通で約9時間

ホテルアマービレ舞鶴 〒625-0036 京都府舞鶴市字浜18 0773-65-5000 FAX.0773-65-5008 info@amabile-maizuru.com